広告

【手帳】トラベラーズノート・・せっかくだから雰囲気出してみよう

Amazonアソシエイト

トラベラーズノートをセティングしてみたんですが、お出かけはできないけど雰囲気は味わいたいという気持ちが沸いてくるわけです。
人それを形から入るという言う・・・

普段は万年筆がメインなんですが、このワイルドさにはなんか雰囲気が合わない感じがするんですよね。
このテイストには鉛筆でしょー!
そういえば鉛筆買うのなんて何年ぶりだろう。手に持つのすら10年単位のお久しぶりで。そんなこんなでトラベラーズノートのペンホルダーと下敷き、鉛筆を入手しました。
あまりにも久しぶりなのでここは基本に忠実、トンボのHBを選びました。自分が小学校のことは鉛筆といえばHBでしたが、最近は芯が柔らかい2Bが主流になっているとか・・。
あとなんか木感が満載なのがとても目をひいてお値段もリーズナブルなだったのですが実際なんか素敵ですこの「木物語」。
※実際、とても手に馴染む鉛筆です。

なんか、乗りで色鉛筆も買ってしまったです。うーん、懐かしいなぁ・・こっちは小学校の時お世話になった三菱の色鉛筆。
気のせいか、なんか当時よりおしゃれな感じがするのは気のせいでしょうか。

では鉛筆を削ってみようではないか。うーんこのゾリ!ゾリ!っていう感触もいつ以来であろうか。

せっかく画用紙レフィルを入れているので、試しになんか描いてみようかなと。
※ちなみに私、画才0です。性格からしてテキトーなので構図とかそういうの雑で全然だめなんです。
調子こいて蘭のテラリウムを一つ、スケッチしてみよう。

・・・・思ったよりよく描けた・・・鉛筆の雰囲気サイコー

ちなみにかんな感じです。うーん、とりあえず特徴がつかめてそうなので自分的にオーケーなんす。

ペンホルダーも装着してみました。
表紙にクリップで挟むと言うこれまたワイルドなホルダーです。

鉛筆を装着。やはり、この手帳にはこのテイストが合う。

気取らず、好きに楽しむタフな相棒ができました。
ほんと早く厄災終息してこの手帳持って家族とお出かけしたいです。