Wi-Fi&インターネット

広告(Amazonアソシエイト)

Neo SmartPen 何故かプライベートで活躍中

Neo smartpen M1 ですがデジアナなアイテムの紹介としてスケジュール帳のN Plannerと紹介しましたがプライベートの趣味回りで相性が良くなってきました。

これはこれで便利なんだけどね
何故かこっち側での活用される罠

理由としてなんですが、これまでのSHOT NOTEとの大きな利便性の違い 
 書いてデジタル -> 書き足してさらに反映
これに尽きると思います。専用アプリで取り込みさらにそこから手書き状態の書き足しが取り込める。
欠点も確かにあります。専用アプリがNeo Note から NEO STUDIO に変わったんですがNeo Note時代はgoogle driveなどのクラウドサービスでデータのデバイス間連携ができたんですがNEO STUDIOは今のところできません。
pdfや画像データとしてEvernoteなどで共有は可能ですがNeo SmartPenでの手書きでの書き足しはできません。基本的にはiOSやAndroidを搭載したスマートデバイスで取り込んだデータはそのデバイスの保存データとして利用しないといけません。
まあ、ペン自体に保存したデータを後からアプリデータとして取り込めるんで大きなデメリットでは無いです。
で自分のプライベートで活用が進んだ理由なんですが、実はM1 MACを購入したことで大きいです。シリコンMACはiOSアプリが動くんですよね。
なんとなく興味本意でインストールしてみたんですがiPhoneで使うよりしっくりきちゃったんですよね。

ウィンド調整もできるんで、iOSより利便性もある感じ?

Neo smartpenも普通にBluetoothでMACと接続もできました。アプリも問題なく動作します。ちなみに、こんな感じ。
前回の紹介のスケジュールの時と同様で記号とか下手っぴな字だと誤認もますが、テキストデータに変換もできます。

調べながらメモして、メモがデジタルに、完成したらデータ共有してどこでも見れる。なんか不思議な循環なんですが、調べ物やデータ加工はどうしてもモバイルよりPCやMACのほうが便利なんですよね。
なんで、趣味のボタニカルの作品作りや材料リストに活躍とあいなるわけであります。

正直欲を言えば、バイブルあたりのレフィルが発売されてくれると嬉しいんですけどね。

広告