広告

自分的に隠れた名作 FOREVER Dr.モーガンのNY事件簿

広告

久しぶりに不遇の名作を一気見鑑賞した

この気持ちは急に揚げ物食いたくなったり、牛丼やラーメン食いたくなったりする夜食テロに似ている感じと思うわけです。
このところ、動画配信サービス「Disney+」にFOX買収からの新カテゴリ「STAR」追加からの海外ドラマの投下で「BORNS-骨は語る」、「キャッスル-ミステリー作家は事件がお好き」などかつて「スカパー!」でみていた海外ドラマが大量投下されてガツガツ見ていたわけですがある日、「あーー、あれ見たーい」となったわけです。
それがこのドラマ 「FOREVER Dr.モーガンのNY事件簿」です。
いやゆる1話完結型の犯罪捜査のバディものという見やすい系の海外ドラマです。
2015年にAXNチャンネルで放送されていた時に見ていました。主役が2005年のマーベル映画「ファンタスティック4」でリーダのリード・リチャーズを演じたヨアン・グリフィスが主演。ガチガチの英国ジェントルメンな俳優さんがきたなとBORNSやキャッスルとは違うバディものを期待してワクワクして放映待ってた覚えがあります。

実際、1話から刺さったんですわ

NYで監察医をしているヨアン・グリフィズ演じるドクター・ヘンリー・モーガンが洞察力と死の知識を武器に女刑事ジョー・マルティネスと相棒となって事件を解決するという流れで、ようにすにBORNSと刑事、科学者の立場入れ替えた感じですね。この入れ替えはキャッスルの方が先にあったわけですが(こちらは作家と刑事ですが)、モーガン先生ではそこにファンタジーテイストをぶち込んできたわけです。
このモーガン先生は妙に歴史に詳しく、人付き合いが悪く、骨董屋を共同経営するエイブという老人と同居しているんですが200年以上生きている不死者という設定なんですな。
厳密に言うとある事件がきっかけで死ぬと必ず全裸になって水中から生き返るというとんでも事情の持ち主なのです。
秘密を知っているのは同居人のエイブだけ。監察医をしているのも不老不死の秘密を探るためにやっています。
これが1話冒頭でにいきなり、地下鉄で美人のチェロ奏者にシャーロック・ホームズばりにズバリ職業やコンサートのことを言い当てるジェントルメンナンパしていい感じになったところからのいきなりの列車事故(実際はテロ)からの手すりが体に刺さって主人公が死ぬといきなりぶっ込んでくるわけです。
さらに死を迎えた瞬間に体はその場から消えて、ハドソン川で生き返るわけです・・・全裸で。
当然、お巡りさんに「君・・・何しているの?」からの「これには深い事情が・・・」のシュールな展開となります。
さらにこの全裸で復活からの「さあ、署まで行こうか・・・」の流れはこのドラマでほぼお約束な展開となります。
これだけみると、「なんだそれ?」の笑い展開なんですがこの200年の人生でエグ目の酷い目に遭っているし、親しくなった人たちとの別れを多く経験したために人を避ける先生の心情やらが過去の出来事としてフラッシュバックで劇中に挿入されるのですが、これがなかなかエモいんですね。
モーガン先生は実際は善人で社交的、思いやりもある愛情深い紳士なわけですが長い時間での親しい人との別れや、苦い裏切りの経験などからエイブ以外にはどうしても他人に心を開けないという問題を抱えているのです。

マルティネス刑事や仲間を通じて成長していく先生の物語でもあるのです

そんな先生が毎度、検死で持ち込まれる死体を見聞し事件性を見出しマルティネス刑事と事件に挑むんですが。
このマルティネス刑事も1年前にご主人を亡くした身の上の美人さんで事件を解決たびにモーガン先生の複雑な人間性に触れていきお互いに成長していくと言う流れがあるのがこれまたエモいのです。いっくら長く生きても他人との関係で人は成長していくという結構深いテーマ性があります。
また実際に話を見て貰えばわかりますがそんな臆病なモーガン先生とエイブとの関係とエイブの応援がまた良いのです。

宿敵もいるでよ

物語の序盤から存在が見え隠れする、事件の仕掛け人もいるのです。
モーガン先生の秘密を知っていて「私は君と同じだ、やっと見つけた」と自称アダムがホームズのモリアーティ的な立ち位置で物語に度々絡んでくるんですが、モーガン先生は不死の秘密のために仲間にアダムに付け狙われていることを言えずにこの宿敵と孤独に対峙していくことになるんですな。

なんで不遇かと言うと・・・

さてこのドラマなんですが、実に不遇なのです。
放映当時、神ドラマと評価の高い作品だったのです。しかしなんとシーズン1(全22話)で終了という憂き目に遭っています。
当時、主演のヨアン・グリフィズもSNSでかなり落ち込み、打ち切りをファンに報告できないぐらい憔悴したほど。
この2014年から2015年ごろは人気があったにもかかわらずシーズン1で更新無しという不遇のドラマが多かった時期でもあるんですよね。
実際、打ち切りの理由は正式に公表されていないんですが放映当時はBORNS、キャッスルと同様の1話完結のバディものが両方ともシーズン7とか8とかに突入しておりそちらが優先されたのではと言われております。
さらに不遇なのが、AXNで日本語吹き替えは放送されていたものの日本ではソフトの販売が行われていないのです。
現在はAmazon Primeなどの動画配信で購入・レンタルすることが可能ですが日本語吹替版は配信されていない状況。
実際、字幕でも十分楽しめますが・・・・ちなみに自分はスカパーで録画していた日本語吹替版がHDDごとお亡くなりになりAmazon Primeで吹替版で購入しました。
なかなか厳しいですがぜひ広く見ていただきたい一作であります。
この作品、ABCで放送された番組です。
ABCはウォルト・ディズニー・カンパニー傘下なのでワンチャン、Disney+での吹替版復活を願っております。