広告

ザック・スナイダーカット・ジャスティスリーグのためApple TV4Kを新調した

2021年8月8日

Amazonアソシエイト

いわゆるザック・スナイダー版のジャスティスリーグが5月26日からAplleTVを始め動画配信開始になりました。
いやー、ほんとに見たかったんですわ。ウォッチメンのアルティメット版ほど待たされなくて良かった。

個人的にスーパーマンが登場する映画は自分にとって特別なんですよね。
物心ついて一番最初に見た洋画がクリストファー・リーブのスーパーマンだったんです。いまだにスーパーマンのテーマは曲が流れるだけで謎の盛り上がりですよ。
渋谷の東急文化会館で見たんでよねよ。ちなみに、今の渋谷ヒカリエが建つ前にあった施設です。子供の時は映画を見に行く、イコール東急文化会館だったりしました。
何気に、ティム・バートン監督、マイケル・キートン主演のバットマンも東急文化会館で見てますわ。
電子の要塞だって、最強の敵だって、リターンズだって私はご飯お代わりできますよ。
ディスってないよ!ほんとに1からノリノリで通しで見れるんだぜ!妻がメッチャ冷たい目で見ても関係ないね!

でも、乳首バットマンお前だけはダメだ。

Wikipediaより2003年ごろの在りし日の姿
ちなみに屋根のところはプラネタリウムです


まあ、昔からブレード・ランナーを<完全版>、<ディレクターズカット版>、<ファイナルカット版>とか円盤買ったり同じ物持ってるのに限定版のコレクターボックスとか買ったりという姿を冷めた目みていた嫁からするとAplle TVで物が増えなくなっただけマシとのことです。
正直、個人的にも色々思うところがあって円盤は動画を見た上で「コレは!」というものに限って購入するように改めておりまして。
2001年宇宙の旅 4Kリマスター買って以降はとんと買っておりませぬ。

しかもちょうど、第6世代 Apple TV4Kの発売にかぶったので、第5世代 Apple TV4Kから乗り換えることにしました。
まあ、正直いうとテレビがREGZAの50Z10Xと2014年の4K液晶TVなんで第4世代の頃からApple TV4Kのフルスペック使えてないんですけどね。
正直、フレームレート60Hz、8bitの4K HDRにしか対応できないのでAppleTVでは4K SDR(60Hz)での表示になります。NetfilixとPrime Videoもコンテンツも4Kコンテンツとして表記は出るものの再生するとHDで再生されとります。それでもそれなりに綺麗ではあるのでTVはおいおい有機ELをお金ためて買います。
でも50Z10Xは手放さないけどね。だって、今や貴重な3D対応テレビだし。結構ソフト持ってるんですよ・・・

とまあ、そうは行ってもApple TVのコンテンツ自体はHDRではないですが対応してれば4Kで再生可能だし、Wi-Fi6に対応したのとCPUがA10XからA12 Bionicに進化がでかいです、Apple TV自体はそこそこモデルチェンジがロングスパンなので今後のほかの機器買い換えに対応していってくれると考えればリーズナブルじゃねと思うわけです。
ちなみに、tvOS14.5にアップデートすると第5世代でも使える機能ですがiPhoneと連動して使えるカラーバランス機能で色合いを深く表現してくれます。
バランス調整後は若干、コントラストが上がったような気がする。

第三者視点で行くと、妻が見ても確かに前より鮮やかになったとのことです。
しかしながら、吾輩まだザック・スナイダーカット・ジャスティスリーグをTVで見れておりません!

だって、娘が起きている時間はNetfilixのキッズのプリキュアシリーズ再生専用機だからさ!! orz

お願い、娘よ4KでAtomosな感じで父に見せてはくれまいか・・・・
ということで、心に残るスーパーマンの話は感想はまた今度・・・・