Wi-Fi&インターネット

広告

某書店相伝ブックカバー術で透けるブックカバーをしてみる

2020年4月29日

何度も繰り返し、身体に染み付いた物は忘れることなく自然とできてしまう物である。
某アレのように「染み付いてむせる」というやつである
かつて、こんなコストのかかるブックカバーをレジ・本毎に提供していた書店が存在した。
無論、カバー紙は普通のロゴ入りの紙カバーではあったが。

残念ながらすでに存在しておらず、この方法でかけられるブックカバーも見ることも途絶えて久しい。
このブックカバーに固定のお客がついていたのは紛れもない事実である。

かつて自分はバイトでこの1.5倍〜2倍のスピードでレジ捌いていたような気がする。
気が向いたのでカバー紙を変えて、アレンジして見たのでご覧いただきたい。

広告